www.robinsclipart.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1990 お買い得,SALE

ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1990 お買い得,SALE —— 53,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1991 人気定番,高品質

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント86点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1991 人気定番,高品質 —— 31,900円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1992 お得,セール

ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1992 お得,セール —— 34,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1993 全国無料,低価

格付第一級ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン80% メルロー17% カベルネ・フラン少量 プティ・ヴェルド少量パーカーポイント88点この暗いルビー/紫色をした1993年は、目の詰まったミディアムボディのワインで、香りは閉じているがほのかな甘いブラックカラントの果実、雑草のようなタバコ、鉛筆の香りがためらいがちに出てくる。 磨きがかかっており、エレガントでラフィットらしい高貴なつつしみも感じられる。 秀逸で高級感はあるが、心持ち生硬。 予想される飲み頃:2004~2020年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1993 全国無料,低価 —— 44,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1994 品質保証,正規保証

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント90+?点ほとんどカベルネ・ソーヴィニヨン100%でつくられた、この暗いルビー/紫色をしたワインは、味わってみると強情なまでに内向的で、訴求力がなく、厳しく、渋い。 重みはたっぷりだし、称賛に値する純粋さがあって、草っぽさや未熟な果実味はないのだが、性格に難があってグラスでなだめすかされるのを拒否しているのだ。 1994年のラフィットは、風味の点では生硬でがっかりさせられるものと判明するかもしれないが、香りは素晴らしい要素が揃っている。 私も諦めるつもりはないのだが、購入した方はコルクを抜くまでにあと7~8年待つつもりでいただきたい。 予想される飲み頃:2010~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1994 品質保証,正規保証 —— 39,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1995 限定SALE,HOT

格付第一級パーカーポイント95点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1995 限定SALE,HOT —— 44,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1996 100%新品,大得価

格付第一級パーカーポイント100点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1996 100%新品,大得価 —— 65,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1997 数量限定,人気

格付第一級ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン70% メルロー25% カベルネ・フラン3% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント92点光を通さない程濃い紫色を誇っており、ゴージャスなまでに甘い、広がりのある芳香は西洋杉、ブラックカラント、鉛筆、ミネラルを思わせる。 中間部はふくよかでミディアムボディ。 爆発的な果実味や豊かさがあり、タンニンはやわらかく、ビロードのような舌触り。 予想される飲み頃:2017年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1997 数量限定,人気 —— 39,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1998 定番,正規品

格付第一級パーカーポイント98点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1998 定番,正規品 —— 47,200円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 1999 人気セール,HOT

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント95点瓶にはこれみよがしに「1999」という文字が彫ってあるほか、1999年8月のあの歴史的大事件を記念して日食の印も彫ってある。 エレガントでありながら強烈な風味が、重さを感じさせない広がった層の中にほとんど透けて見える。 光を通さない程濃いルビー/紫色をしており、複雑なブーケは鉛筆、黒鉛、西洋杉、クレーム・ド・カシス、トースト、ヴァニラを思わせる。 ミディアムボディで、途方もなく多くの層が感じられる豊かさがあるのに、重みはほとんどないし、フィニッシュには甘みや、ブドウの完熟感、調和が感じられるばかりである。 この並外れたラフィットは、どんどん荘厳な1953年の現代版となりつつあるようである。 予想される飲み頃:2007~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 1999 人気セール,HOT —— 36,800円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2001 限定セール,お得

格付第一級ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン86.5% メルロー13.5%パーカーポイント94点深みのある縁いっぱいまでの濃いプラム/紫色をしたワインで、鉛筆のリキュールのような趣と混ざり合った甘いレッドカラントやブラックカラント、プラム、西洋杉の香を伴う。 強烈な凝縮感、豊かさ、甘いタンニンが感じられ、少なくともはるかに内向的で力強い、最近のラフィットと比べると高速の成長軌道に乗っているようだ。 予想される飲み頃:2007~2018年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 2001 限定セール,お得 —— 44,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2002 驚きの破格値,大人気

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン87% メルロー9.5% カベルネ・フラン3.5%パーカーポイント94~96点香りや味わいは鉛筆のリキュールにカシスとチェリージャムが混ざり合ったもののようで、光を通さない程、縁まで濃い紫色をしている。 比較的足取りは軽いが、超絶的な凝縮感があり、強烈で、100点満点の点数がついた1996年より軽量級にしたものをしのばせる。 1996年より外向的で別格と言える程の凝縮感がある。 人を釘づけにするようなジュースで、非の打ち所がなく調和している。 予想される飲み頃:2011~2038年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 2002 驚きの破格値,大人気 —— 44,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2003 安い,低価

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン86% メルロー9% カベルネ・フラン3% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント98~100点インクのようなルビー/紫色をしており、壮観な、黒系果実の熟した芳香、西洋杉、アジアの醤油、バルサミコ酢の香りを伴う。 味わってみると、かんりの豊かさがあるにもかかわらず、これほどどろりとした作品(グリセリンのレベルはびっくりするほどだ)にしては特質に値するほどみずみずしく生き生きしている。 その意味では異例なワインだが、1982年と同じく、あと1~2年でタンニンが姿を現して、もっと輪郭がはっきりしてくるのではないかと想像している。 舌触りの印象はびっくりするほどで、私は頭をかくばかりだった。これほどのラフィット・ロートシルトを試飲したのは初めてである。 一級シャトーのワインでもこれだけは家を抵当に入れても惜しくない! 予想される飲み頃:2010~2035年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 2003 安い,低価 —— 62,900円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2004 マグナムボトル 1.5L 得価,大人気

シャトーラフィットロートシルト 2004 マグナムボトル 1.5L 得価,大人気 —— 39,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2005 全国無料,格安

ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 2005 全国無料,格安 —— 59,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2006 12本 ケース販売 木箱 SALE,2018

格付第一級

シャトーラフィットロートシルト 2006 12本 ケース販売 木箱 SALE,2018 —— 431,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2008 超激得,安い

ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 2008 超激得,安い —— 44,700円

シャトー ラフィット ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2009 カリュアドドラフィット 2009 2本セット 2018,人気セール

☆セット内容 合計2本☆ シャトー・ラフィット・ロートシルト  2009年 カリュアド・ド・ラフィット 2009年 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーラフィットロートシルト 2009 カリュアドドラフィット 2009 2本セット 2018,人気セール —— 59,700円